【水素吸引機 販売のお知らせ】


こんにちは。

今注目の水素吸引機を

特別価格で販売いたします。

ネットなどで売られている水素吸引機は

家庭用で耐久性も弱く

故障しても 修理に時間がかかったり

高額になったりします。

当店の水素吸引機は

業務用として関係機関のみの販売でしたが

お客様からのご要望も多く

今回 一般にも販売いたします。

業務用と言っても

軽く コンパクトで持ち運びも可能です。

面倒な操作やメンテナンスも

少なく便利です。

<詳細はこちら>

◆水素発生装置は、大きく分けて「4分類」に区分されます。 1・ガスバーナーの発火に使う装置の技術転用した製品   (水素発生量が多く危険で、身体の有害) 2・工業用試験に使用する装置をそのまま使ったもの。    (水素のみ発生させ、危険で、身体へも悪影響)   ※高濃度の水素ガスを空気で希釈したもの。     160ccの水素を7,840ccの空気と酸素で希釈して     出口で2%にするタイプも工業用水素になります。 3・水素水の製造機から吸引するタイプ。(多数販売されています。)    (水素量が満たない。) 4・HHOガス発生専用機  4-1・ガイアα  4-2・スイソニア  4-3・台湾製の医療機器 ※ガイア以外は水素発生量が少なく期待薄である。 --------------------------------------------------------- ◆多くの水素発生装置がありますが・・・ ガイアの水素発生量、窒素発生量は、身体の構成元素の数値に近く、 身体専用機として作られた唯一の機種と云えます。 酸素量は、あえて調整されております。 水素   =64.20%(ガイア発生量) 10%(身体構成比) 酸素   =31.60%(ガイア発生量) 65%(身体構成比) 二酸化炭素=0%(ガイア発生量)   0.02%(身体構成比) 窒素   =3.70%(ガイア発生量   3.00%(身体構成比) ----------------------------------- なぜ、ガイアが結果を得られるかが、発生数値でも実証 されています。

今回160万円税別を

128万税別で販売いたします。

よろしくお願いします。

new entry
archive
category